1. ホーム
  2. 豊中工場新設について油業報知新聞に掲載されました

油業報知新聞に掲載されました

2021年2月26日 豊中工場新設について油業報知新聞に掲載されました。

カーケミカル製造・販売のアピカは豊中工場(大阪府豊中市)を移転・新築、2月1日に営業を開始した。施設を拡充して一層の業容拡大を図る。

「これまで主にSSを対象として洗車機の溶剤をメーンに展開してきた。これからもそれが主軸であることに変わりはないが、新たにランドリー用の洗剤、柔軟剤をラインアップに加えていく」

「コインランドリー併設のSSが増えている。雨が降ると洗車の売り上げは減るが、ランドリーの売り上げは逆に増える。SSとは親和性がある。今後伸びる分野だと思う」

「昨年の緊急事態宣言下、多くの小売店が店を閉めた中、SSはほぼ通常通り営業した。生活に欠かせないエネルギーを扱うSSは不況に強い。しかも幹線道路沿いの一等地に立地している。強みを生かさない手はない。確かにガソリン需要は減っていくが、ガソリンと何かを組み合わせて地域ニーズに適したビジネスをすれば経営は継続できると思う

(2021年2月26日 油業報知新聞に掲載の記事より抜粋)